【キューバ:トリニダード①】爆速タクシーに乗って6時間の旅

こんにちは、ひとみ(@kinoko_tabi115)です。

 

現在、世界一周四カ国目コロンビアのイピアレスにいます。

明日はエクアドルに入国するよ〜スムーズに行きますように!

 

前回の話はこちら↓

【キューバ:ハバナ④】安くて美味しい地元の食堂に行ってみた!

 

2月25日(木)

ハバナの次に目指すのは、世界遺産の街Trinidad(トリニダード/トリニダー)に移動です。

 

朝8時、シオマラの家で待機。そして8時半、時間通りにタクシー到着・出発!

タクシーは乗合なので、3人組の欧米人の旅行者と一緒でした。

 

ハバナを離れて、国道のようなところを走って行きます。

 

2時間くらい走ったところで休憩がありました。

多分、観光客向けのレストラン。値段が高そうだったので何も食べませんでしたが、私以外のお客さんも食べたりしている人は少なかったです。運転手のお兄ちゃんは、キューバサンドとコーヒーを注文してました。

これ↑が私が乗っていたタクシー。Peugeot(プジョー)のエンブレムが付いていたのですが、本物かどうかは分かりません。

 

30分の休憩後、またトリニダーに向かって走り出しました。

乗った時から思ってたんだけど、この運転手のお兄ちゃん、めっちゃ飛ばす。

運転が荒いわけじゃないんだけどスピードが半端ない。車をどんどん抜かして行く。

”え、何キロ出てんだろう?”って思ってメーターを見たら、スピードメーター、タコメーター、ガソリンなど全てのメーターがずっと0でした。動いてませんでした。そういえばこの車、エアコンも効いてないし音楽もお兄さんのスピーカーから流れてる。

大丈夫か、このプジョー( ゚д゚)ガソリンの残量とかどうしているんだろう。ていうか車検とか無いのかな。

 

そんなことを考えている私の気持ちをよそに、ひたすら車は走り続けました。

何にも無い田舎道、安心するわ〜

 

さらに走ること、1時間。

トリニダードではなく、Cienfuegos(シエンフゴス)という街に到着。

どうやら一緒に乗っていた3人組がリクエストしたらしい。30分ほどの自由時間。

せっかくなので、街歩きをすることに。

街はパステルカラーの建物が多く、明るい雰囲気でした。この街は「南の真珠」という異名があるようです。

お腹が減ったので、屋台のチュロスを。1つ5cup(約20円)。

お土産屋さんがたくさんありました。

チェ・ゲバラ関連のものはもちろん、中南米っぽい置物も。

お土産ロードをさらに進むと海がありました。ディズニーに出てくるような船も。

シエンフゴースコ湾は内海ですが、綺麗でした。風は強かったです、、

そろそろ時間だな〜って思って戻ったら他の人は全員揃ってました。

 

14時半、トリニダーに無事到着。タクシーは宿の近くまで行ってくれました。

トリニダーでの宿は、「レオさんヤミさんの家」

オーナーのレオさんが日本語を話せることもあってか、トリニダーに来る日本人はほぼ全員ここに泊まるらしい。

前日まで4、5人泊まっていたのですが、私が来た時には1人しかいませんでした。

 

荷物を置いたら、さっそく街歩き。

とりあえずランチがてら地元の人が集まっていたカフェテリアへ。

チーズのみのシンプルなピザ、20cup(約80円)。意外と大きくてお腹いっぱいになりました。

 

トリニダード駅です。昔は何本か走っていたそうですが、今は1日一本のみの運行です。ネットだと朝9時半発と書いてありますが、ガイドブックには”出発時間は不明”と書いてありました。自由だなあ

 

レオさんヤミさん家の近くのソフトクリーム屋さん。トリニダード駅の方に歩いていく途中にありました。

日本のバニラとは少し違う味でしたが、日本よりも甘さ控えめでさっぱりした味でした。1つ3cup(約12円)。

トリニダードの日中はとても暑いので、毎日食べたくなっちゃいます)^o^( 食べ過ぎ注意!

 

タクシーに乗っていただけなのに、なぜかクタクタだったこの日。

シャワーを浴びて、本を読んでいたらいつの間にか寝てしまってました。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

ランキングに参加していますのでクリックお願いします♪

にほんブログ村 旅行ブログ 女性世界一周へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です