【キューバ:ハバナ①】空港から4時間かかって宿に着いた話

こんにちは、ひとみ(@kinoko_tabi115)です。

 

現在、世界一周四カ国目コロンビアのボコタにいます。

コロナのせいでどんどん肩身が狭くなってます、早く収まって欲しいm(__)m

 

前回の記事はこちら↓

【メキシコ:カンクン①】ついにメキシコ最後の街、カンクンへ

 

2月20日(金)

メキシコを後にして13時半にキューバに入国。

の前に、何やら紙を書かされました。

ホテル名を聞かれてシオラマの家って答えたけど分かってもらえず、maps.meを見せたけど表記がオール日本語のため「他に無いのか」って言われたけどそネット無いし予約出来ないから予約表とか無いし…これしかないわ〜って言ってたら、諦めて何かを書いてくれました。良かった〜

空港に着いたら到着ロビーにあったATMでお金を引き出しました。全部CUC(観光客用通過)で出てきたのですが、市内まで公共バスを使って行きたかったので、CUP(人民用通過)がどうしても欲しくて。スタッフに聞いたら、出発ゲートの両替所に行くように教えてくれました。

で、行ったらこの列。そして流れがめちゃめちゃ遅い。これだけいるのに窓口は3つしかないし、1人1人に時間が掛かる。出国する人も飛行機の時間がギリギリになってしまったりして大変そうでした(*_*)

 

到着したのがターミナル3だったのですが、市内までの公共バスはターミナル2からしか出ていません。

しかも徒歩40分くらい掛かる。巡回バスもあったのですが、迷わず徒歩を選択!

 

でかいバックパックを背負ってトボトボ歩いていたら、タクシーが停まって、しかもバックして来た。まじで何事?!危ない人?!と警戒していたら…「ターミナル2まで無料で乗せてってあげるよ」とのこと。正直、めちゃくちゃ助かるやつ。けど、絶対後でお金要求するやつやん、と思ったので乗る前も乗ってからも降りる際も何度も「No money?」と聞いてしまいました。最後までおじちゃんは笑顔でOK!と言い続けてくれました。疑ってごめん、本当にありがとう、おじちゃん。

 

ターミナル2に着いたので、次はバス停探し。バス停は空港から歩いて20分くらいのところにあります。

歩いていたら、上空を飛行機が飛んでました。(飛行機が飛んでる姿を見るたびに、こんな鉄の塊が空を飛んでるんだなあって思います)

 

これまた途中でおじさん(今度は複数人)たちに呼び止められ…何か売られるんか?!と思ったら、写真を撮って欲しかったようです。しかも私の携帯で。キューバ人いい人多いな〜陽気だな〜

 

なんとかバス停を発見、しかし全然バスが来ない。セントロ行くバスだからもっと沢山来るはずなんだけどな。

待つこと30分。やっと来たので乗車。しかも超満員。でかいバックパックでごめん。

そして、セントロと反対側に向かって走り出した。

maps.meを見ていたら、どんどん離れていくセントロ。景色はどんどん田舎に。ミスった〜。

 

途中下車して、今度は反対側にちゃんと乗りました。乗り換えなしでセントロまで行けます。

18時半、無事にセントロ到着。

セントロまで2時間くらいあれば余裕で行けると思ったのに、バスミスったりして4時間かかりました。バス乗るだけなのに、めっちゃ疲れた、、、

 

時刻は18時半。とりあえず宿にチェックインしなければ。

ハバナでお世話になったのは日本人がよく来るカサ「シオマラさんの家」

無事にチェックイン出来ました。宿にはすでに日本人の子が2人いました。

(どうやら数ヶ月前に移転したらしく、私が泊まった時は水道工事をしていました。共有スペースも、以前の場所と比べると小さかったです。しかし家主のママやそのご家族の暖かさは健在です!)

 

疲れ果ててお腹ペコペコだったので、同室の女の子と晩ご飯を食べに行きました。

シオラマの家から徒歩5分くらいの場所に、観光客向けのレストランが密集しているところがあったで、とりあえずそこに向かうことに。

だがしかし、どこも高い!1食1000円くらい(日本に比べたら安いとは思うんだけど)。

結局、10cup(約60円)のホットドッグを発見して、買いました。

ソーセージがかなりしょっぱい。塩分控えめの方が好きな私にとっては、だいぶ塩辛かった、、

(ハバナで食べた加工肉はほぼ全部しょっぱい、、)

 

21時、Wi-Fiも無く、移動で疲れていたので、シャワーを浴びて速攻で就寝。

この日から22時には就寝、朝7時半起床という超健康的生活が始まるのでした。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ランキングに参加していますので、クリック↓していただけたら嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 女性世界一周へ
にほんブログ村

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です