【キューバ:ハバナ④】安くて美味しい地元の食堂に行ってみた!

こんにちは、ひとみです。

 

現在、世界一周四カ国目のコロンビア、イピアレスにいます。

頑張ってブログ更新中!早くリアルタイムに追いつきたい!

 

前回のブログはこちら↓

【キューバ:ハバナ③】フェリーに乗ってコスメル村へ

 

2月24日(水)

ハバナ観光最終日。

この日の目的地は、地元民が集まるご飯屋さんに行くこと。

 

ハバナでは、観光客向けのレストラン・カフェかハンバーガーなどの軽食のお店しか見つけられなかったのですが、インターネットで頑張って検索したら、ありました。

地元の食堂!

 

それがここ、The Cent de Galiano です。

レストランはデパートと並んでいるので、入り口がわかりにくいかもしれません。

写真↑には4つ入り口がありますが、レストランは一番左側。

 

入ってみるとこんな感じ。地元の人しかいません。イイ感じ!

手前側では軽食(ハンバーガーなど)、奥で定食を注文することができます。

 

メニュー表があるのですが、スペイン語分からなかった…

なので困った時の必殺技、隣の人が食べてるものと同じものを注文!

おおおおお!美味しそう!

定食の内容は、豚肉のステーキ・ご飯・ふかし芋のプレートとサラダ。結構ボリューミー!

お値段は、これ全部で42cup(約250円)でした。

少し油っぽかったけど、シンプルな味付けでとても美味しかったです。

 

ちなみにこちらのレストランは、シオマラの家からは徒歩でたった3分。

営業時間は9時〜17時ですが、11時頃はまだ店員さんが準備しているだけだったので行くなら12時過ぎをオススメします!

 

食後に、シオマラの家でトリニダード行きのタクシーを予約しました。

8時半発の35cuc。(前は午後発のタクシーもあったみたいですが、今は午前発のみとのこと)

タクシーの予約をしている間に、ママが淹れてくれたエスプレッソ。コーヒーは砂糖入れない派だけど、ここのお家のコーヒーは甘くても美味しく飲めちゃうから不思議。ママ、ありがとう(^^)

 

帰りに、宿の近くのケーキ屋さんでタルトを買いました。1つ12cup(約50円)。

タルトがサクサクで、上の苺?ジャムは酸味が効いてて、とても美味しかったです。

 

こんな感じで、ハバナ観光は終わり!

翌日、タクシーでトリニダードに移動しました。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ランキングに参加していますのでクリック↓お願いします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

【自然と共に生きる旅人】 2020年1月〜5月 東回りで世界一周するもコロナで中断。 2021年1月〜オーストラリアでワーホリを予定しています。 ”死ぬときに後悔の無い人生”を目標に今日ものんびり楽しく生きています。