【いなフリ】1ヶ月で学んだこと、これからのこと。

こんにちは、ひとみ(@kinoko_tabi115)です。

 

3月1日〜28日までの約1カ月間、田舎フリーランス育成講座(通称:いなフリ)に参加してきました。

帰宅してからあっという間に3週間。いなフリ中に学んだことや、これからについてお話ししようと思います。


今後いなフリに参加予定の方や、私の将来が少し知りたいな〜っていう物好きの方、読んでいただけたら嬉しいです。

いなフリ中に学んだこと

いなフリで学んだこと:スキル編

いなフリでは、Webスキル全般の基礎を学べます。私が学んだ内容とスケジュールはこちら。

【1週目】

  • クラウドソーシング基礎講座
  • Webライティング実践講座
  • WordPressサイト制作講座
  • 動画編集基礎講座

【2週目】

  • タスク管理講座
  • 営業基礎講座
  • ライティング実践講座
  • ヒアリング講座
  • ブランディング講座

【3週目】

  • 提案文/構成後悔添削講座
  • ビジネスコミュニケーション
  • 1万字チャレンジ
  • Twitter運用講座
  • 単価交渉講座

【4週目】作業のみ

いなフリ前は「ライティング」「ブログ運用」「サイト制作」に興味を持っていたけど、面談や実際に触ってみてライティング1本に絞りました。動画編集は、パソコンのスペックが低くて問題外…
私の同期はライティング7割。何をするか迷っている人は、とりあえずライティングからって感じだったかな。

ちなみにいなフリ中の仕事はこんな感じ。
【受注】48,360円
【納品】24,360円


直営業提案は2社、テストライティングが進んでいる状態です。
(サイト制作組には、高額案件を受注している人もいました)

いなフリ中に学んだこと:人生編

いなフリでは、Webスキル以外に学んだことがたくさんあります。

【フリーランスという生き方】

今まで全く触れてこなかったフリーランスという職業。わたしの地元は田舎度60%くらいの街で、コワーキングスペースも基本的にガラガラ…フリーランスの友人や知り合いは誰もいませんでした。

だから「フリーランスは超高いスキルを持った、めちゃくちゃ出来る人達」だと思っていました。

もちろんそういう人もいます。最初から超スペック高くて、やることなすこと全て上手くいく、スーパーサイヤ人(ドラゴンボールは知らないけど)。

けれど、金谷(今回のいなフリ開催地)であった方の多くは、多くの人がフリーランスとして生きていて、もっと普通の人間でした。みんな最初は初心者で、少しずつ経験値やスキル、収入を増やしていって、今に至っている感じ。

フリーランスは「選ばれし人のみがなれる職業」ではなかったです。

【無限大の働き方】

今までのわたしは「正社員として会社に所属する」か「アルバイトとしてコンビニやスーパーなどで働く」の2通りの働き方しかないと思っていました。けれど、それは違いました。

フリーランス1本でやっている人もいれば、正社員で複業している人、学生でフリーランスしている人など。

働き方や職業は、無限大。可能性も無限大だった。

また、フリーランスの多くは、1つの仕事(例えばライティング)だけに捉われず、自分の持っているスキルと掛け合わせて新しい肩書きを作ってた。そうすることで競合が減って、自分の価値が高まります。

このことは、キングコング西野さんの『魔法のコンパス 道なき道の歩き方』で書かれてたのを、思い出しました。

”1/100 × 1/100 × 1/100 = 1/100,000でレアな人材になる”

これって本当に大切なことよね。

【苦手なこと】

私の苦手なことは、いなフリ中に発覚したことも含めるとこんな感じ。

  • 自信を持つこと
  • 人に頼ること(特に年上の人)
  • ストレスを発散すること(溜め込みがち)
  • お金に関すること(金額交渉とか、マジで無理)
  • 自分に価値をつけること(出血大サービスになりがち)

いなフリ中に色んな人とAI会や壁打ちをやってもらって、わたしが悩みは、わたしだけのものじゃないことに気がつきました。同じ悩みを持っている人がたくさんいました。

「悩んでいるのは、自分だけじゃない」

そう思った瞬間に、心がふっと軽くなりました。

「こんなことも分からないのか」「大人なのにそんなことも出来ないの?」

そうやって思われるのが怖くて”自信がある人”をいなフリ中も、ずっと演じてきました。

本当は自分に自信なんか1ミリもないのに、周りから「ひとみって自信を持っててすごいよね」って言われるのが、嘘を付いている気になって辛いと感じます。他人から見たわたし自分が思っているわたしのギャップがストレスになることもあります。

けれど、金谷で過ごしていくうちに「そんな自分でもいいのかな」って自然と思えるようになりました。

「苦手なことを完璧に克服しようとするのではなく、少しづつ受け入れていこう。
本当に必要だったら、得意な人に頼もう。


これからは、自分を受け入れて、好きになろうと決めました。

【仲間】

いなフリで出会った金谷33期のメンバーとは、定期的に連絡を取り合っています。
mocriを使って作業会したり、zoomで話したり。学んだことやおすすめの本をシェアしたりも。

出会えて良かったと思う人たちばかりでした。これからも繋がって行きたいと思う人たちばかり。
みんな個性的で、考えていることも違って、価値観も違う。バックグラウンドも出身地も違う。
「人って面白いな」って感じる場面が多々ありました。うん。

仕事面でも、今後は繋がっていけたらいいなぁとか考えています。
これを読んでる33期生のみんな、お仕事依頼待ってます!

【金谷】

金谷はとっても良いところでした
自然がいっぱい、あとは必要最低限のものがあるくらい。

  • セブンイレブン
  • 太田商店(なんでも揃う商店)
  • ガスト(Wi-Fi&電源あり。モーニングがコスパ抜群)
  • 飲食店いくつか(素敵なカフェもあるよ)
  • 鋸山
  • 東京湾ウェリー乗り場

ざっとこんな感じ。
都会のような情報量や人が多い場所は疲れてしまう性格なので、必要最低限なものだけで生活したいわたしにとって、金谷は最高の土地でした。欲を言うと、徒歩圏内に図書館があるともっと嬉しいな。

金谷については、ミャンマーのぐちをさんが詳しく紹介されています。ぜひ。
金谷ってどんなとこ?現地でいなフリを受講するメリット・デメリットを解説

わたしのこれから

わたしがいなフリ期間中に行っていたのはライティングのみ。毎日毎日パソコンと向かい合ってました。
しかし、この先もずっとライティングを続けていきたいかと言われたら、そうではありません。体を動かしていないと死んでしまうからです。

いなフリ中に考えた末、わたしのこれからはこんな感じになりました。

  • ライター
  • バルクショップの立ち上げ
  • 社会問題(食品ロスなど)に関わる団体の広報など

わたしの1番の関心は社会問題。関心を持ったきっかけは長期海外や本や知り合いの話を聞いたりしたからですが、目の前のことに追われていた会社員をやめて、客観的に物事を考えたとき「あれ、変じゃね?」って感じることが多くなったんです。

例えば「ゴミが道端に落ちていること」「食べられるものを平気で捨てること」「同じ人間なのに差別する」とか。

そういうのってわたしはHappyじゃない。ゴミが捨てられててもわたしがすぐに死ぬわけじゃないけど、無いなら無いほうがいいってみんなも思っているんじゃないかな。わたしは、みんなが少しでもHappyだと感じられる世の中になって欲しいな。Happyな世の中になるきっかけになれたら、嬉しい。

金谷33期(同期とメンターたち)

メンターや過去のいなフリ受講生に話を聞くと、15人はなかなか多いらしい。
就職前だったり、コロナで色々予定が狂ったり、様々な理由で集まった15人。
みんな、いいキャラで、面白い。

【ライティング】

【サイト制作】

【動画制作/イラストなど】

  • あのちゃん(Webデザイン/動画編集/写真):TwitterInstagram
  • なべさん(イラスト):Twitter

この先、やって行くことは変わったり増えたりすると思うけど、とりあえず現時点のスキルを書きました。

あと、今回のいなフリ金谷33期に関わっていただいたスタッフの皆様も勝手に紹介します。

【統括】まいまい(薬剤師Webフリーランス):TwitterHPnote
【メンター】ぴーちゃん(コミュニティマネージャー/動画編集):Twitter、Instagram
【メンター】シオン(Webライター):noteTwitterbase
【メンター】まっちゃ(Webライター):Twitter
【メンター】たけのこ(コーダー):Twitternote
【料理人】えい(料理プロデューサー):TwitterHP
【運営スタッフ】KJ(ライティング/サイト制作):Twitter

いなフリに参加して良かった

わたしがいなフリに来たのは、新型コロナウイルスがきっかけです。
コロナで世界一周を中断して、コロナのせいでワーホリが延期になって、コロナのせいで転職活動も中途半端でした。

最初は「コロナの野郎!」って怒りしか感じれなかったけど、今思うとそれはそれで良かったのかなって思っています。
もし世界一周が無事に終わったら、転職活動とかして今頃は”あの頃は楽しかったな〜”なんて懐かしさを感じながら、フリーランスになることも考えず、素敵な仲間とも出会えず、将来を考えることも無かったでしょう。まぁ、それはそれで幸せなんだろうけど。

まとまりのない文章になってしまいましたが、言いたいことは「いなフリ良かったよ」「いなフリで学べるのはスキルだけじゃないよ」ってこと。

この先もどんな未来になるのかは分からないけど、自分のためだけでなく少しでも多くの人のために生きていけたら最高です。



いなフリをごり押しする感じの内容になってしまったけど、もっと詳しく知りたいよっていう方は気軽に相談してみたら良いかと思います。
ワークキャリア
もっと聞きたい、何ならネガティブな部分まで…っていう方は個別にメッセージくれたら、なんでも答えます。
【フリーライターひとみ】ポートフォリオ・お仕事依頼




最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
また遊びに来てくれたら嬉しいです。
今日も良い1日を。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

【自然と共に生きる旅人】 2020年1月〜5月 東回りで世界一周するもコロナで中断。 2021年9月〜オーストラリアでワーホリをするも中断。 2021年3月〜フリーWebライターとして活動中。 ”死ぬときに後悔の無い人生”を目標に今日ものんびり楽しく生きています。