【ミニマリスト】長期海外から帰ってきて、もっとミニマリストになりました

こんにちは、ひとみ(@kinoko_tabi115)です。

 

(中断した)世界一周から帰国して、1ヶ月が経ちました。

和食も日常になったし、湯船も存分に堪能しました。笑

 

海外が恋しいかと言われたらめちゃめちゃ恋しいけど、日本社会に適応出来なくなったかと言われたら(そこまで世界に浸かれなかったので)、出発前とそんなに価値観は変わってない気がします。

ただ、自分でも変わったな〜って思ったことがあります。

それは、ミニマリストが加速したこと。変わったっていうか、加速しました

 

 

世界一周前から物を減らしてはいたんですが、

海外に出て身を以て感じたのが、少ない荷物で生きていけること

 

 

私たちが住んでいる日本って、恵まれている国だと思います。

それはめちゃめちゃ幸せなことだし、ありがたいことだと思います。

だからこそ、私たちの生活には物が溢れています。

 

100均に行けば高品質な物が安く売っているし、コンビニに行けば24時間必要なものが手に入る。

これって世界から見たら、当たり前では無いんですよね。

簡単に手に入っちゃうからこそ、どんどん物を買って増やしていってしまうのかもしれません。

 

 

帰国して、自分のクローゼットに掛かっているたくさんの服や机の中で出番を永遠に待ち続けている文房具を見たとき、「私には必要ない」「もっと必要としている場所や人の所に行って欲しい」と感じました。

なので、いらない洋服や文房具を寄付したり、需要がありそうな物はメルカリで売ったり…

そして、日用品などの最低限の物以外、買うのを辞めました。

なるべく既に持っている物で代用したり、無ければ作って見たり。

 

何だか宗教チックになってきてしまったので、話を簡潔にします(・∀・)笑

 

つまりですね、少ない物で生きていきたい、って話です。

そしてもう一つ。シンプルに生きていく。

 

 

”少ないものでシンプルに生きていく”

これが、これからの私の人生のテーマ。

お気に入りの物だけに囲まれて、余分な物は持ちません。

(身の回りをシンプルにすると、自分のお気に入りものが分かるのでオススメ)

 

 

次に世界一周いくときは、もっと少ない荷物になりそうです。

お楽しみに〜!

 

 

今回も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ランキングに参加していますので、クリックしていただけたら嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 女性世界一周へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

【自然と共に生きる旅人】 2020年1月〜5月 東回りで世界一周するもコロナで中断。 2021年1月〜オーストラリアでワーホリを予定しています。 ”死ぬときに後悔の無い人生”を目標に今日ものんびり楽しく生きています。