【エコ旅】旅中でも出来る環境に優しい5つのこと

こんにちは、ひとみ(@kinoko_tabi115)です。

 

ずっと考えていることがあります。

それは「ミニマムな荷物で、かつ地球に優しい旅は出来ないだろうか?」ということ。

 

今回は、世界一周中のわたしなりに考えた方法を6つご紹介します!

 

①マイボトルを持ち歩く

マイボトルを持ち歩く

水道水が飲める国って、世界中で見てもほんのわずか。日本のように水道からいつでも綺麗な水が出る国の方が、珍しいです。

そのような時は、ペットボトル入りの飲料水を買うことになります。しかし、飲み切るたびにペットボトルのゴミが出てしまうのが気になる…

そんな時に便利なのが、マイボトル

カフェに行けばミネラルウォーターをもらえるし、ウォーターボトルを置いている宿もあります。

 

もし「もっともっと節約したい!」という方がいらっしゃったら、浄水フィルター付きボトルがオススメ。

DAFIの浄水ボトルはJIS S 3201試験で塩素を81%除去してくれます。お値段もそこまで高くないし、交換用フィルターも販売されています。

Vestergaardの浄水ボトル LifeStraw Goはお値段が高いですが、水性感染症を引き起こす細菌(大腸菌、コレラ菌、チフス菌など)を 99.9999 パーセントまで除去、また原虫嚢子(クリプトスポリジウム、ランブル鞭毛虫など)を 99.9 パーセントまで除去してくれます。川の水も飲めるようになるとのことだから驚き!

  
 

アメリカで見かけたのは、紙パックに入ったお水「Boxed Water is Better」

Boxed Water is Better

名前の通り、リサイクル率100%の紙製ボックスに入ったお水。

環境に配慮した容器に入ったお水を買うのもアリかも。見た目はもちろん、Instagramも超オシャレ。

公式HP:BOXED WATER

 

②エコバッグを使う

エコバッグを使う

 

 

 

 

 

 

 

 

ビニール袋が有料だったり、そもそも袋をくれなかったりする国は意外と多いです。

アフリカなどでは、海外旅行者でもビニール袋の使用が法律で禁止されているところもあるみたい。

エコバッグは環境に良いし節約にもなるほか、急に荷物が増えた時やシャワーの時などでも活躍します。

持って行く際は、なるべくコンパクトになるものを。

私はダイソーで購入したものを持っています。収納したらタバコと同じくらいのサイズになります。

 

③屋台飯・レストランで食べる

屋台飯・レストランで食べる

テイクアウトや食べ歩きをすると、容器や袋を使うことになってしまいます。食べ終わるまでのたった数分のために利用され、ゴミになってしまう…

無駄なゴミを出さないためにも、レストランや屋台でご飯を食べる方が良いと思います。

私の場合、路上で売っているもの(屋台とか)を食べるときはその場で食べます。そうすれば余分な袋をもらう必要がないし、もしゴミが出てもそのお店で受け取ってもらえます。

↑こういう串焼きもその場で熱々をいただきます。(写真は、コロンビアで食べた牛串)

 

④マイスプーン&フォーク

マイカップ・マイスプーン&フォーク

屋台やレストランで食事をするとき、プラスチックのスプーンやフォークを渡される時があります。使用後はゴミ箱へ行く運命。

マイフォーク・スプーンは使えば繰り返し洗うことができるし、もし宿にカラトリーがない場合も役立ちます。ちなみに、衛生的に気になるお店でも安心して食べれます、、

キャンプ用のものなら、チタン製で錆びにくく匂いも付きづらいです。しかも軽量!

    
 

⑤固形石鹸を使う

固形石鹸を使う

以前、別の記事でも紹介させてもらいましたが固形石鹸は万能&エコ&ミニマムなんです。

手洗い・洗顔・ボディソープ・洗濯など用途はたくさん!

どこでも手に入るし、お財布にも優しいですし。良いことづくしです。

世界一周中に出会ったバックパッカーのほとんどが持ってました。

【おすすめ】固形石鹸はミニマリスト旅の必須アイテム

 

⑥月経カップを使う

月経カップを使う

女性限定のお話。毎月1回やってくるアイツ、生理。

生理用ナプキンやタンポンは、プラスチックで出来ています。しかも、お金がかかる。

そこでオススメなのが月経カップです。

お水で洗えば繰り返し使えるので1個で10年も使えるし、経血でいっぱいにならなければ最長12時間つけたままでも大丈夫なので、長時間のバス移動も問題ありません!量が多い日や漏れが心配な時だけ、ナプキンと一緒に使えばOK。

参考:プラなし生活 月経カップで生理をプラスチックフリーに!使い捨てナプキンさよなら

 

工夫次第でエコな旅は出来る!

どこまで環境にこだわるかはその人次第ですが、少しの行動でゴミを減らすことが可能です。

場合によっては節約も出来ますし。

これから海外だけで無く国内を旅行する際にも、紹介させてもらった方法を思い出してもらえたら嬉しいです。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ランキングに参加しているので、クリック↓してもらえたら嬉しいです!

にほんブログ村 旅行ブログ 女性世界一周へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

【自然と共に生きる旅人】 2020年1月〜5月 東回りで世界一周するもコロナで中断。 2021年1月〜オーストラリアでワーホリを予定しています。 ”死ぬときに後悔の無い人生”を目標に今日ものんびり楽しく生きています。