【世界一周】PCR検査〜ホテルについて

こんにちは、ひとみ(@kinoko_tabi115)です。

 

世界一周を中断して、エクアドルから日本に帰国しました。

PCR検査の結果待ちの間のホテル生活について、まとめました。

 

エクアドル出国〜成田空港までのまとめはコチラ↓

【世界一周】日本への道のりについて(キト市内〜成田空港)

 

 

検査結果待ちの間、ホテルへ移動

19時過ぎ ホテルへ移動

3時間ほど待機したあと、専用のバスに乗って待機場所のホテルに移動しました。

 

バス内の様子がこちら。

全面、ビニールシートで覆われています。運転手の席までは2枚、シートでカバーされていました。スタッフの方は、防護服・マスク・フェイスカバーをされています。

車内で、ホテルでの注意事項の説明がありました。

 

19時25分 ホテル到着

ホテルは「東横イン 成田空港」で、全ての客室を国が貸し切っているとのことでした。

部屋番号はバスの中で伝えられました。アレルギーの有無も確認してくれました。

 

バスから降りたら荷物を持って、晩ご飯を受け取って、そのまま部屋に移動します。

エレベーターの操作も「触らないように」との注意があり、スタッフの方が行ってくれました。

1階にコンビニがありますが、利用は出来ません。喫煙のための外出も出来ないようです。

 

ホテル室内について

ホテルは、ツインベッドでした。

デスクの上には、いくつかの書類とビニール袋(ゴミ用)、お茶が用意されていました。

 

アメニティもありました。

歯磨きセット4つ、バスタオル2枚、フェイスタオル2枚、シャンプー・コンディショナー・ボディソープ。

電気ケトルとお茶のセットもありました。

そのほかにも、テレビ・冷蔵庫・ドライヤーなど基本的なものは全て揃っているので、不自由なく生活出来ます。

 

書類について

ホテル室内にあった書類は全部で5点。

①ホテルでの一時待機の手引き

②石鹸と流水下手洗いの手順

③エコノミークラス症候群対策の対応

④退所に関する手引き

⑤待機場所および待機場所までの移動手段についてアンケート

このアンケートは、記入後、自分の部屋の扉にマグネットで貼って提出します。

 

待機中の食事について

毎日三食、出してくれるので、自分で用意する必要はありません。

配布前と配布完了後にアナウンスがあります。配布完了までは扉を開けることが出来ないので、スタッフの方とも会うことはありません。

 

配布時間(基準)は下記の通り。

朝食:8〜9時ごろ

昼食:12〜13時ごろ

夕食:17時半〜18時半頃ごろ

 

食事は写真のように、ドアノブに掛けてあります。

 

食事内容

しっかりした量を出してもらえます。

“体調に応じ、ご飯の量を減らすなどして、体調管理にご留意ください”とのこと。

●朝ご飯

●昼ご飯

●夜ご飯

 

検査結果後の移動について

検査結果は3日後の午前中、7〜8時に内線電話で知らされます。

その後、午前中のうちに自宅に帰るか、自分で手配した自主隔離場所まで移動しなければなりません。

 

成田空港周辺ホテルや東京品川駅周辺など、下記7つの手段で移動が出来ます。

①-a 成田空港東横イン新館へ徒歩で移動

①-b トヨタ・ニッサンレンタカー成田空港営業所へ徒歩で移動

② 自家用車で家族等が迎えに来る又はハイヤーで自宅・ホテルへ移動

③成田空港直行のバスを利用(成田空港内のホテル・レンらかー営業所を利用する場合など)

④成田空港周辺の主要ホテル行きバスを利用

⑤成田駅周辺の主要ホテル行きバスを利用(成田駅周辺のレンタカー営業所を利用する場合)

⑥羽田空港および羽田空港周辺の主要ホテル行きバスを利用

⑦天王州アイル・品川駅周辺の主要ホテル行きバスを利用

 

バスの準備が出来たら、アナウンスでお知らせしてくれます。

③〜⑦は、9時45分〜約15分置きに案内がありました。

 

自主自粛用のホテルについて

私が1番不安に思っていたのが、ここ。

入国した次の日から起算して14 日間は、事前に申告いただいたご自宅又はご自身で確保したホテル等にて待機していただきます。その際、自宅・ホテル等の待機場所からの外出や、公共交通機関(不特定多数が 利用する電車、バス、タクシー、国内線の飛行機、旅客船など)を使用 しないでください。

引用:厚生労働省 帰国された皆様へ

自宅が東京や空港周辺であれば、自宅での自主隔離が出来ますが、地方出身者は難しいです。

私の場合は、実家が愛知で家族と一緒に住んでいる(全員社会人)なので感染させてしまうわけにはいかないので、自主隔離をすることにしました。

成田空港付近の主要なホテルは空きもあるようですが、正直まあまあなお値段です。1泊1万円くらいする場所だと、2週間の滞在で14万円以上することに…その上、食事代も含めたらトンデモナイ金額になってしまいます。

利用を検討した宿泊施設・移動手段があるので載せておきます。

 

アパホテル

5月10日〜6月30日までの間、超格安で泊まれるキャンペーンが始まりました。めちゃめちゃ有り難いキャンペーンです。

アパホテル、直接予約で1泊2500円の創業50周年企画「新型コロナウイルスに負けるなキャンペーン」

このキャンペーンは、公式サイト・アプリからの予約時のみ適応されます。

※エリアによっては自主隔離の受け入れていないところもあるので、予約する前に必ず確認を!

公式HP:アパホテル(アパ直なら最安値)新都市型ホテル|ビジネスホテル

マンスリーマンションを紹介してくれるサービス

マンション型が良いという方は、こちらがおすすめ。

●Unito

税別60,000円で送迎付きなので、格安!

海外からの帰国者向け 一時待機施設としてご利用いただける 「Unito Biz」14日間滞在プランの提供を開始

●Face Forward.

エリアによって値段が違いますが、キッチン・洗濯機がついているので、自炊派の方におすすめ。

成田空港の送迎は別料金で、16,500円かかります(2020年5月時点)。

LINEでやり取りができるので、ありがたいです。

株式会社FEEL JAPAN:eos HOTEL

国が紹介してくれるホテル

待機場所が確保出来ない場合は、東横イン 品川港南口天王州アイルを紹介してくれます。

ただし、通常料金なので、少し高め。

公式HP:東横INN品川港南口天王洲アイル

都内への移動について

国からバスが出ていますが、都内へ行けるのは品川駅周辺のホテルのみ。潜伏期間でもあるので、人混みを避けたいし、公共交通機関(タクシー含む)の利用は持ってのほか。

ハイヤーなどを利用する事が可能ですが、料金はどこも30,000円ほど。正直、高いですよね。

そんな時におすすめなのが、nearMe.という配車アプリ。

なんと、成田→都内への移動が4,000円弱で出来ちゃうんです。

問い合わせたところ、予約した後に、お問い合わせから「帰国後の移動に利用したい」と連絡をすれば、貸切にて対応してもらえるようです。

[AirportShuttle]新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への対応について

 

私は最初、食費を浮かせるために自炊をしたくて、Face Forward.さんの特別宿泊プランを利用しようと思っていたのですが、送迎をお願いすると高くなってしまうと言う理由で悩んでいました。

そんな時にアパホテルのキャンペーンが始まったので、最終的に国が出してくれるバスで行けるアパホテルに、利用を決めました。

 

日本に帰国して思うこと

※これはわたしの個人的な意見・感想です

今回の帰国を通して感じたことは「空港・ホテル・医療現場のスタッフさんへの感謝の気持ち」です。マスクや手袋をしていても、完全に防げる訳ではありません。いつ自分が感染するかも分からないような状況の中で働くのはとても怖いし不安だと思います。不安を感じつつも、私たち帰国者の対してに丁寧に親切に対応いただきました。本当に、感謝しかありません。ありがとうございました。

”海外帰国者への対応に対する批判”をよくネット上で目にしましたが、経験してみて、不安や不満に思うようなことはありませんでした。入国する人が少なくなって来ているのと、スタッフの方が対応に慣れて来たというのもあるかもしれません。

検査結果が出るまでの間、キチンとしたホテルが用意され、しっかりした食事が出るだけでも有り難いと思いました。

無事に帰国でき、今も不自由なく安全に過ごせていることに感謝しながら、自粛生活を送りたいと思っています。

 

これから帰国する方の参考になればと思います。

不明点などありましたら、Twitterでもインスタでもこのブログのコメントでも気軽に質問いただけたらと思います。わかる範囲は少ないかもしれませんが、回答させてもらいます。

この危機を、みんなで乗り越えましょう!

【参考】
【世界一周】日本への道のりについて(キト市内〜成田空港)
【帰国】エクアドルからの帰国、そして自主隔離に掛かった金額をまとめました

 

 

早く世界が落ち着いて、
また自由に海外に行ける日が早く来ますように!

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ランキングに参加していますので、クリック↓していただけたら嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 女性世界一周へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

【自然と共に生きる旅人】 2020年1月〜5月 東回りで世界一周するもコロナで中断。 2021年1月〜オーストラリアでワーホリを予定しています。 ”死ぬときに後悔の無い人生”を目標に今日ものんびり楽しく生きています。