【旅の知識】女子が格安ゲストハウスで気をつけるべき4つのこと

こんにちは、ひとみ(@kinoko_tabi115)です。

 

”観光にお金を使いたいから、宿泊にはお金をかけたくない”っていう節約派の女子、いるんじゃ無いでしょうか?(私もその一人です)

そしてそんな時に泊まる場所と言ったらゲストハウスです。

 

一昔前に比べたら旅する女子はめちゃめちゃ増えているし、色んな国のゲストハウスに泊まりましたが、必ずどこの宿にも女性バックパッカーはいました。

しかし、それでも男性に比べたら女性は気をつけるべきことや、気にしなければいけないことはあります。

 

ということで今回は、安宿・ゲストハウスに泊まる際に気をつけて欲しいことや、私の対策を紹介します。

 

気をつけること①.下着の干し方

気をつけること①.下着の干し方

長期の旅になると、どうしても衣類の洗濯は必要になります。

Tシャツやタオルなどは気にせずベッド脇などに干せるのですが、流石に下着を堂々と干すのはどうかと…周りの方も、気を使いますしね。

下手したら盗まれる可能性もあります。

 

私は100均で購入した「洗濯物干し」(写真↓右下)を持っていたので、下着を中心に干して、囲むようにタオルを干していました。

乾きが悪い時は、最終兵器ドライヤーを使って乾かしました。

 

気をつけること②.宿周辺の治安

気をつけること②.宿周辺の治安

日本でも女性の深夜の一人歩きは危ないですが、海外には日本より危険な国もあります。

また値段の安いゲストハウスは、治安があまり良く無い場所にあることも。

 

危険な目にあってからは遅いので、予約する際には必ず周辺エリアの治安を絶対に確認しておきましょう!

治安などについては色んな旅ブロガーさんが情報を発信していますし、口コミを読んだりすることでも把握できます。

危険なエリアにあるゲストハウスはいくら安くても辞めておいたほうが良いです。

 

気をつけること③.寝るときの服装

気をつけること③.寝るときの服装

Processed with VSCO with a4 preset

寝ている時って無防備です。寝相が悪い方だと、寝ている最中に服がめくれ上がってしまうことも…

恥ずかしい思いをしないためにも、キャミソールのような露出の多い服装ではなくTシャツを着るなど、寝るときの服装には少し気をつけましょう。

私は上は翌日着るシャツを着て、下はハーフパンツで寝てました。

(普段はジーンズをメインで履いていましたが流石にジーンズで寝るのは暑かったので…)

↑こんな感じの服装です(あ〜マックス可愛い♡♡♡)

 

気をつけること④.生理のとき

気をつけること④.生理のとき

毎月やってくる生理。本当に嫌でした!!!!!

何が嫌かって、シーツを汚してしまうという不安が常にあるから。朝起きてシーツが汚れてしまっていたときのショックは、男性は一生理解出来ないでしょう…(もう絶望です)

タオルなら汚れてもシャワーの際に洗えますが、シーツは簡単に洗うことができません。

 

なので、生理が来そうな時や生理中は、タオルを敷いて寝てました。

それでも不安な時は、レギンスを履いて寝ることも。

この方法で、シーツを汚すことは無かったです。

 

【まとめ】女性がゲストハウスに泊まる際に気をつける4つのこと

  1. 下着の干し方
  2. 宿周辺の治安
  3. 寝るときの服装
  4. 生理のとき

色々なブログを見ると「女性は男女混同ドミは絶対避けるべき」というのを見ますが、私はしっかり気をつけていれば問題無いと思っています。

盗難なんかについては、男女混合・女性専用どっちであっても気をつけなければいけませんし。

 

個人的には、男女混合ドミの方が料金も安かったりしますし、色んな人と出会えるので、格安バックパッカー宿・ゲストハウスは大好きですし、おすすめです。

自分にゲストハウスが合うか分からない…という方は、男女別のゲストハウスから初めてみるのが良いですよ!

気をつけることはしっかり気をつけて、ゲストハウスで楽しい思い出作りましょう〜♪

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ランキングに参加していますので、クリックしていただけたら嬉しいです!

にほんブログ村 旅行ブログ 女性世界一周へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

【自然と共に生きる旅人】 2020年1月〜5月 東回りで世界一周するもコロナで中断。 2021年1月〜オーストラリアでワーホリを予定しています。 ”死ぬときに後悔の無い人生”を目標に今日ものんびり楽しく生きています。